NEWS

日本自動車会議所『第一回クルマ・社会・パートナーシップ大賞』に応募しました

一般社団法人日本自動車会議所様が主催されている自動車業界550万人

の働く人々と自動車ユーザーへの感謝を伝える

第一回『クルマ・社会・パートナーシップ大賞』に論文を応募いたしました。

代表の私は、2018年4月、30年勤めさせて頂いた損害保険会社を退職し、

起業しました。

弊社はお蔭様で創業4期目となりましたが、創業後2年くらいは事業安定に

重点を置いてやってきた事は事実であります。

多くの方々のご支援を頂き、事業安定と弊社コンサルティングが進化する中

で、弊社コンサルティングの目的の一つに「自動車社会において大きな

社会貢献している」と思う様になり、今回応募をいたしました。

自動車社会の中には、事故率は減少したと言え、事故が無くなった訳では

ありません。悲惨な事故はあり、多くの方々が亡くなられたり、

大けがで、日々ご苦労されている方がいらっしゃると拝察いたします。

また、気候温暖化による大雨、台風による車の水没事故の映像を多々

見ます。

『自動車保険はあくまで任意』であり、加入ならびに補償の選択全てが、

「エンドユーザーの自己責任」であります。

しかし、この仕事をしてきて、「ほぼ100%近いエンドユーザー様が全く

補償内容を知らない」事に気付かされて参りました。

「忘れた」はあるでしょうが、リサーチの結果、ほぼ100%です。

「自己責任」で片付けられない事だと弊社は感じ、弊社クライアント様に

「今やっている事は、大切な社会貢献活動である」「これが我々がやって

いる最大の目的である」とお伝えし、ご一緒に取り組みを行っております。

この為には、「中途半端な説明力」ではなく、「お客様の為に、お客様に

選択を促す熱量が必要」と思い、日々「熱量の高い人づくり」を行って

おります。

受賞になるかどうかは別にして、応募される事をお奨めいたします。

お問い合わせ メール電話をかける

お問い合わせ 電話メールを送る